魚の臭いの原因と効果的な落とし方

魚の臭いが嫌で調理したくない、という方は多いのではないでしょうか。釣り好きの人が車内や衣服の魚臭さに困っているという話を聞くこともありますが、あの独特の生臭さの正体はトリメチルアミンという物質です。実は魚は、生きている間はそれほど臭くはないのですが、死ぬことで旨味成分であるトリメチルアミンオキサイドという物質が、細菌によって分解されることであの強烈な臭いを発生させるのです。難しい話になってしまいましたが、簡単に言えば魚の生臭さの原因はアミン臭ということになります。生きている間は重宝する旨味成分が、死んでしまうと逆に私たちを悩ませる問題成分になってしまうのです。

では、この臭いはどうすれば消せるのでしょうか。例えば手に付いたアミン臭はなかなか取れませんが、それはアミン臭が大変手に馴染みやすく、指紋などの隙間に入り込んで強力に付いてしまうからで、こうなると石鹸でちょっと洗った程度ではなかなか落ちません。そんなときはブラシで擦ってあげると良いでしょう。手のひらの細かい凹凸や爪の間までしっかりブラッシングすることで解決します。ただ手の脂分も一緒に取れてしまいカサカサになってしまうので、ハンドクリーム等でケアすることも忘れずに行ってください。他にもステンレスに触るという方法がありますが、これはステンレスの鉄イオンと細菌が反応しあって臭いの元を消してくれるというものです。身近なものでは水道の蛇口に触ったり、100均にステンレスの球状のものが売ってあったりしますので使ってみるのも良いでしょう。また柑橘系の果物の皮には殺菌作用がありますので、レモンやミカンの皮で手のひらを擦ってみるのもお奨めです。

次に衣服に付いた魚臭ですが、お酢を使うとよく取れます。お酢の成分である酸が効果を発揮しますので、レモン果汁等でも同じように効果があります。使い方ですが、水で薄めたお酢に服をしばらく漬け込み、その後水で洗い流してから洗濯すると綺麗になります。ただし、酸性に弱い繊維(綿、麻、レーヨン等)は注意が必要です。服に限らず手やまな板にも効果的ですので、石鹸や洗剤で落ちないときに試してみると良いでしょう。さらに、少々手間はかかりますが重曹を振り掛けるという手段もあります。お掃除用重曹を衣服の気になる箇所に振り掛けてビニール袋に入れて口を閉じ、2~3日置いてから重曹をよく叩き落として洗濯すると、驚くほどよく臭いが取れます。

リラックスできる空間を優先したい方はこちら!「おしゃれな部屋に住みたい!一人暮らしの賃貸デザイナーズ物件」をチェック!