魚の交尾の実験について

魚に関しては実はあまり異性との興味がないと思われがちですが、そうした固定観念が大きく覆される実験が何度か行われています。特にアメリカにおいてはこうした研究が盛んになっており、日本よりも何年も先の優れた研究成果を上げている報告が学会でも発表されています。理由としては、魚を養殖する場合に必ず交尾をして子どもを授かる作業が待っているのですが、アメリカにおいてはこれからどんどんと人工の魚が増えてきますので、これからの研究に対して大きな期待がされているからです。

業務用のわかめとその他についても非常に興味深い内容があり、特に多くの人達にとっては交尾をする魚に関してはとても健康的でエネルギーがあふれている食材になることが研究の結果によりいくつもの事例で紹介されるようになってきました。特に研究結果によりますと、食料品として非常に大きな目安となるのがカロリー計算ですが、活動的な魚に関しては非常にカロリーが高く脂がのっているものが多いことがいくつもの研究結果により証明されています。

現在の日本においてはほとんどが天然のものを漁獲するということで、こうした人工的なアプローチが進んでいない地域や産業が非常に多くなっています。しかし、アメリカの産業においてはこのような地域の格差は縮まってきており、特に研究費用に関しては予算がしっかりと確保されているだけでなく、農業大国という名前だけではなく漁業としても非常に強い分野になってきています。このような取り組みが実施されているため、各国はアメリカの研究データをもとに今後の産業の発展に役立てていく流れとなります。

現在ではこうした研究を日本においても実施している地域が多くなっているのですが、特に日本は植物に関しては非常に強みを持っており多くの大学において研究が進んでいます。「業務用わかめの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」などの業務用のわかめの販売業者にとってはおもしろい実験結果があるのですが、最近ではこうした取り組みの中で、生産性の高いものに関しては養殖で業務用として大量に生産されることが可能となってきました。

養殖のわかめに関しては、生産が安定しているため、年中を通して比較的価格が安定して供給される特徴があります。特に日本においてはこの分野が得意な会社も多く、わかめの市販価格に関しても数百円と非常に安い価格での提供が可能になっています。さらに、多くの分野においてはこれからの産業をリードする役割として大きな成長が期待できます。