おいしい魚の献立 

・魚の成分
エイコサペンタン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの多価不飽和脂肪酸が多く含まれています。
DHAの多くは、海産の微生物によって生産されたものが、食物連鎖の過程で魚にプレスされ成り立っています。
カルシウム豊富で栄養成分いっぱいつまった優れもの。身体を生成するのに、充分な栄養素と言えるでしょう
・魚の料理
毎日の献立に欠かせないです。
お肉や野菜などと一緒に調理し、バランスの良い食事を摂ることが、健康の秘訣です。
献立方法も数えきれないほどあります。焼いたり蒸したり、生で食べるお刺身も新鮮でほっぺたが落ちます。
フライでの献立は、カリッとした風合いが楽しめ、満足感を得られます。お鍋にしたり、ホイル焼きなど、献立を考えたらきりがありません。それほど豊富な料理方法があり、栄養も抜群です。
・魚が採れる場所
日本の近海には、たくさんの漁場があります。
それぞれの地域によりシーズンの変動があり、海流によってはるか遠くの海から、日本へやってきます。
潮の流れや天候の変動などにより、時期も様々ですが、太平洋側では、かなりの量を見込めます。
これには理由があります。大規模な漁業基地が太平洋側に集中しているからです。東北、関東は全国の漁獲量の3割を占めます。
・旬の魚
春には、鯛、カツオ、真鰈、夏には、アオリイカ、穴子、アユ、鰻、ハモ、真鯵、秋には、サケ、さんま、カマス、冬には、牡蠣、マグロ、ししゃも、鮃などが豊富に採れます。
季節ごとに美味しい魚をうまく献立の中に取り入れ、味わいたいものです。

都心でペットと一緒に住みたい方必見!
約95%がペットOK!一人暮らしのデザイナーズ賃貸物件はこちらをチェックしてみてくださいね。

・お勧めの献立
サバは栄養成分がいっぱい煮詰まったパワーの源です。サバの塩焼きは、皮目に切り目をいれ、しっかりと焼きます、薄い塩味で食べると最高です。脂がいっぱいのったアジの塩焼きも、じっくり焼きます。
秋から冬にかけては、ぶりが活躍します。調味料を絡める前に、ぶりと香ばしく焼くと、味が染みこみ、美味しさが一層 増すでしょう。暖かいごはんと相性ピッタリの甘辛い煮魚。カレイの煮つけは、ゴボウと一緒に煮ると美味しいです。サワラのレモン煮は、塩レモンを使いサワラをたれで焼いた1品です。イタリアン風のサワラのオリーブソテーは、オリーブオイルでサワラをじっくりと焼き、しめじとパセリを和えた料理です。下味をつけ、軽く揚げるだけの簡単料理、ふんわり仕上がる、白身魚の天ぷらもお勧めです。
舞茸と秋サケのバター醬油炒めも美味しいです。塩コショウ、小麦粉で下ごしらえをし、焼くだけという、時短料理です。