血管の若返りを促す魚は何か

アンチエイジングとは 、若返りという意味です。体が老化していくのを止めて若い頃の体に戻すという意味で使われているのです。また、気持ちまでも若返らせることを狙っています。若返り方法としては、今、血管を若返らせるのが病気になりにくい体がつくれ、多くの効果が期待できて一番の近道になるのではと言われています。その方法としては、日々の食事の中で、まず減塩を心がけ、その上でアンチエイジングに効果のある食材を摂り入れた食事を続けていくことが推奨されています。「業務用ひじきの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」でも、若返り食材を多く販売しています。
血管の若返りが体の若返りに通じることは、その中を流れている血液と関係しています。血管年齢が高くなっていくと、その内側に血栓のもとになる物質などがこびりついていき、血液の流れを妨げるようになります。血液の流れが悪くなれば、そこに無理が生じ、心臓に負担をかけるようになるのです。疲れやすくしたり、肌から潤いを消したり、肩こりを起こさせるなど、高齢者に多い症状をつくって、老化を早めてしまうのです。
血管年齢を下げて老化を防ぐためには、まずは食事で徹底した減塩を行っていく必要があります。その上で、血管を若返らす成分の一つであるEPAを多く含むイワシやアジなどの青魚を多く摂る食習慣へと改善していくのです。EPAは不飽和脂肪酸と言われ、血液の流れをスムーズにしてくれる働きがあるので血管の若返りを促してくれます。まさにアンチエイジングの食材なのです。イワシやアジなどの青魚が持つ不飽和脂肪酸は、結局は血液の中に血栓ができるのも防いでくれます。血栓などができずに血流が良くなれば、高血圧や心筋梗塞、動脈硬化といった病気とも無縁になっていくわけです。
ところで、食事などで塩分を摂りすぎても、血液の濃度が高くなってドロドロ状態になり、血流を悪くさせて老化を早めると言われています。このドロドロ血液は、管へのこびりつきも増やしてそのものの老化も進めるのです。そして、心臓に負担をかけてしまいます。それを抑えるには、やはり、一番の原因となっている塩分摂取を控えなければなりません。そうした上で、老化防止を助ける青魚などを食べていけば、食事面から効果的にアンチエイジングができるのです。ところが、食事などで塩分を摂りすぎても、体の中で吸収されなければあまり問題にはなりません。つまり、そのまま排出されるか、ほかの成分に変化させられれば問題はないのです。その働きをしてくれるのがカリウムというミネラルです。トマトに多く含まれるカリウムは、塩分のもとになるナトリウムの体への吸収を阻止してくれる働きがあるとされています。トマトにはほかにも、活性酸素の吸収を妨げる抗酸素作用のあるリコピンが多く含まれ、摂取していけば老化防止になるとされています。まさにアンチエイジングのための食材といえるのです。青魚とトマトを食事にどんどん摂り入れていくことで、若返りも夢ではなくなりそうです。