串焼きがマッチする魚

串焼きは居酒屋でも非常に人気のあるものであり、様々なものが登場をしています。そんな中、若い女性などはカロリーを気にして、あまり肉などの串焼きを食べない傾向にあります。そんな中、魚の串焼きということになれば、とてもヘルシーであり、しかもおいしいということもあり食いつきがとてもよくなります。このため、どのような魚が串焼きにぴったりなのかを模索していくことになりますが、この時に真っ先に上がるのがまぐろです。まぐろは大トロを炙ったものも非常においしいですが、赤身を串焼きにして食べるのも非常においしく、ネギと一緒にすることでネギまぐろとして食することもできます。問題はまぐろをどのように仕入れるかですが、業務用のものを取り扱っているところで購入することをおすすめします。まぐろの仕入れたい時などに簡単に仕入れることができるためです。「業務用丸干し・ひらき・ししゃもの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」もおすすめですね。

魚を仕入れる場合、産地直送として、氷の中に魚を入れてある場合や冷凍保存で送られてくる場合、はたまた、あちらで加工をしたものを仕入れ、こちらでは単に茹でるだけ、焼くだけにしておく場合もあります。まぐろの串焼きということを考えると、ぶつ切りにしてあるものの方がおすすめです。ぶつ切りにしてあれば、それを串に入れていくだけですぐに出来上がり、あとはそれを焼けば大丈夫です。できれば、最初から串に刺してある状態にするのがいいですが、やはりニーズとしては刺身が先行しており、あとは寿司ネタとして購入をするケースが多くなり、海鮮丼などを作る場合にも欠かせないため、あまりニーズがないのも影響しています。しかし、商品としておいておけば人気になりやすいため、今後は串に刺す加工をしてくれる業者が出てくることも考えられます。

もちろん、まぐろだけがマッチするわけではなく、カツオやブリなどの赤身魚は焼いてみるとそのうまみが引き出され、非常においしく食べることができます。その中でもマグロはヘルシーであるため、女性がこぞって食べ、家でも作ることができるよう、ネギまぐろなどのレシピが存在するなど、根強い人気となっています。元々、魚は焼いて食べる機会が多く、親和性が非常に高い食べ方です。煮物として食べる、生で食べるなども根強いため、焼いて食べるのは脂の乗ったもの、サンマなどの青魚を連想しやすくなります。しかし、まぐろは煮ても焼いても、当然生で食べても非常においしいというオールマイティーな食材であるため、串に刺して食べるのもおすすめです。